« 背中で見てる間に流れていってくれ | トップページ | ある晴れた昼下がり、空まで続く川 »

2006/10/28

この橋わたるべきか否か

20061028_epsn1598s


少し前の日曜、心地良い場所で昼寝したくなって出掛けた。
中央線の下り列車に乗ってから行き先を考えたが、
立川、拝島、飯能を経由して秩父へ向かうコトにした。
長瀞の岩畳で昼寝できたら気分も良かろうと考えたのだ。

残念ながら移動中に雨模様となったので、散歩に切り替える。
特に何のアテもあるわけでなく、傘を差して気の向くまま。
気付けば御花畑駅から三峰口方面に2駅の浦山口近く、
秩父札所28番・橋立観音に辿り着いていた。

その脇の蕎麦屋で落ち着く。雨ゆえ客はほとんどいない。
半透明樹脂波板の軒下で雨音を聞きながら
味噌田楽や蕎麦掻きを肴に酒をチビリチビリと飲る。
昼寝は叶わなかったが、静かな午後に満足。

----
山また山の秩父地方。公共投資も集中する。
国道には巨額の予算をかけて長いトンネルや大きな橋が作られた。
でも、クルマで来たら酒なんか飲めなかったよな。
都会の貧乏アパート暮らしだからクルマなんて持てないが、それでいい。

|

« 背中で見てる間に流れていってくれ | トップページ | ある晴れた昼下がり、空まで続く川 »