« 一軸の勘定 | トップページ | 出張旅行記(8) 稚ん内だろうな~? »

2007/09/04

理系用語で読み解く社会(7) 社会の観測窓

20070904_epsn1444s


シャッター速度の時間軸、
焦点距離と被写体距離と、絞りによる被写界深度の空間的スケール、
さらに視点のポジションやアングル。

より広く深く多彩な手段で観測・分析したい。
フィルターをかけてみたりして、別のスペクトルでも見てみる。
ここからの視界は必ずしも良いとは言えないが。

だから目だけでなく、いろいろな手段で見る。
視覚にばかり頼らなければ、いろいろな方向から
いろいろな形で情報が伝わってくる。

そういう情報は途中で曲がったり歪んだり偏光したり
波長がズレたりしているが、慣れてくると補償回路ができてきて
まあなんとなく見えた気にはなってくる。

|

« 一軸の勘定 | トップページ | 出張旅行記(8) 稚ん内だろうな~? »