« 試小説(1) 宮本君が老人と海へ | トップページ | 我が輩はヒトである。名前はもうない。 »

2007/10/23

堂々と巡る

20071023_20070706074s


愚者は経験に学ぶコトもあるかもしれない
タロットの愚者は、世界を巡って学ぶ姿を示すというが
巡ったからとて知恵を得るとは限るまい?

どんだけーっていうくらい経験を重ねても、
なかなか学ぶコトができないのが凡人というもの。
だがまあ、巡るコトさえしないのであれば
学ぶ機会もまた皆無に近いのだから
せいぜいグルグルうろうろ巡ってやるしかなかろう。

もっと賢い方法もあるのかもしれないが、
今のトコロはコレでいい。
胸を張って堂々と、ときには恥も恐れず、
未知なるモノゴトとの接触にも怖じるコトなく、
だけど気張ったり気負ったりするコトなく
(そもそもそれほどのモノも持っていないのだから)、
たまに同じ場所へと戻ってしまっても気にするコトなく、
淡々と死ぬまで巡る。

そういう生き方もあるだろうと思っている。

|

« 試小説(1) 宮本君が老人と海へ | トップページ | 我が輩はヒトである。名前はもうない。 »