« 春の小川の底はコンクリ | トップページ | ああ、うん。 »

2007.12.18

理系用語で読み解く社会(13) 想定以外は相当意外?

20071218_20071008276s


ヒトってのは、ホントにナニ考えてるかワカラン。
考えてないとしても、ナニをしでかすかワカラン。
そんなのが、この狭い地球上に100億もいれば、
ナニが起きてもオカシクナイ。

1つのヒトが考えるネタなど、タカが知れてる。
100人だろうと1万人だろうと億単位には比較できん。
なにせ1億いたって1%でしかないのだ。
1人なら0.01ppbだったかな。たしか。

だからアシタのリスクはワイルドカードと覚えとけ。

一応、誰だってヒトだ。
だからその集団に関しても、ある程度の想定ができる。
とはいえヒト集団ってのは妙なトコロで増幅し合ったり
するもんだというコトも歴史が何度も示している。

けど、ヒトの数やヒト集団の数があまりに多いもんだから、
その相互関係は指数関数的に増えてしまう
当然、一つひとつ検証するなど不可能だし
類型化にも限度がある。

で、やっぱり世の中の動きは読めないってワケだ。
もし自分で動かせるのなら気楽だろうけど、面倒だろう。
ま、ワイルドカードの中身には、ひょっとしたら
非常に嬉しいモノも入ってるかもしれないし。

そりゃもちろん、予想外の喜びなら、大歓迎なのですけども。

|

« 春の小川の底はコンクリ | トップページ | ああ、うん。 »