« 面倒だから全部持ってけ | トップページ | 一緒なのは良いコトですか »

2008/01/07

遠回しに言うと、近道かもしれない

20080107_epsn5608s


理解するって、どういうコトだろう?

特定の個人やヒト集団に対する理解としては、
同じ言葉で語れる、すなわち相手に伝わるカタチで
同じ立場・同じ心境に立っていると証明できる状態
といった意味に捉えている。

もっと言えば、その相手から自分がどのように見えるかを
好都合な点も不都合な点も全部ひっくるめて把握できるコト
なんかも大切ではないかと思う。そのギャップに気付くには、
「己を知り敵を知る」必要があるから。

自分を相手に伝える努力などをするコトは、
自分自身を理解するだけでなく相手を理解するのに役立つ。
相手に伝わるコトバを見付けるには、
相手を知らねばできないから。

いったん異なる世界を見て戻ってくるような体験を経ると
自らの置かれた立場を理解する助けになったりするのと同じ。
自分の側からの理解には、しばしば期待値が含まれてるけど、
外側からの理解には、また違った誤差が含まれている。

その誤差が最小になるような点が見つかれば、
おおよその本質を突いたポイントとして代用できるかもしれない。
それでも誤差は常に残るが、そもそも相対的な動きの中での差だから
修正を繰り返していく以外に方法はないのだとは思う。

|

« 面倒だから全部持ってけ | トップページ | 一緒なのは良いコトですか »