« 矛も盾も壊れる | トップページ | 口は万病の元 »

2008/01/21

髭伸ばさば

20080121_20070709088s


今年から、床屋に通う頻度を月毎から3週毎にするコトにした。
もともと短髪で、さっぱりした髪を維持するために
散髪の頻度を増やしたいと以前から考えていたのだ。
安く刈ってくれる店なので大した出費増にはならない。

基本的に毎月末に刈ってもらっていたのだけれど、
昨年末には多忙が予想されたので1週間ほど早めに行っていた。
年が明けて中旬まで少し時間的に余裕ができたのが、
まあ良いきっかけになったというワケだ。

髪の手入れに手間を掛けたくないので、小さい頃から、ほぼ短髪で通している。
中学生の頃、試しに半年ばかり放っておいて伸ばしてみたら、
高密度で硬く太い毛髪が伸び放題、ひどい髪型になって難儀した。
なので、それ以来は常に短く刈り込んでいるのである。

年々、ちょっとずつ髪も顎髭も短く刈るようになってきた。
行きつけの床屋で、暑がりだと言うと、
そのたびにバリカンのセッティングを少し短くしてくれたりするのだ。
おかげで、ずいぶんとさっぱりした髪型になってきた。

洗髪してもすぐ乾くから、風呂上がりに寝てしまっても寝癖がつかない。
(いったん寝癖がついてしまうと洗髪しなければ直らない)
ヘッドホンを装着しても髪型が崩れないし、帽子の収まりも良い。
そんな具合に、気楽な中年男である。

髭も、剃らずに刈り込んでいる。
こちらは数年前くらいから。
大学1年の頃に、2週間ほど山に入ったついでに
ちょいと伸ばしてみたら割と似合うので、そのまま。

放っておくと顎髭と口髭だけ伸び、
他はほとんど生えてこない。
それをそのままにしておくカタチで、
ずいぶん長い間、伸び放題にしていた。

顎髭は、放っておくと口にくわえられるくらい伸びる。
今にして思えば、古代エジプトの王家の肖像のような感じでもあったかと
今更ながら恥ずかしくも思ったりする。
しかし、うっとおしいので最近は刈り込むコトにしている。

もともとは顔立ちに自信がないから生やしているとも言えるが、
おかげで特徴的な姿が出来上がったので、まあ悪くはないだろう。
大学で丸眼鏡を身につけるようになって、さらに特徴が強化された。
なんというか、戦前の人たちのような顔立ちかもしれん。

髭は、ほぼずっと伸ばし続けていたが、剃ったコトも2度ほどある。
教育実習に行ったときと、お堅い会社に勤務したときだった。
今後も、もしかしたらそういう機会があるかもしれないし
あるいは気まぐれで剃ってしまうかもしれない。そのへんは未定。

|

« 矛も盾も壊れる | トップページ | 口は万病の元 »