« 火のないトコロだからこそ煙が出る? | トップページ | 「敵」はキライ »

2008/02/19

「余裕」と「ゆとり」の違いについて考えたコトはあるかい?

20080219_20080202462ts


とある日曜の深夜、駅前の蕎麦屋まで夜食がてら散歩した。
駅の出口のトコロのガード下で道を渡ったとき、
けたたましいクラクションが鳴ったので、ちょいと見てみれば
路駐の車両が3台。中央のミニバンだけヒトの気配。
前後に挟まれて出られないと主張したい年頃であるらしい。

前後とも、少なく見積もって2mは空いている。
ちょいとバックして、ハンドルを目一杯切れば、
国産ミニバンなら普通に出られるはずだ。
しかも助手席には同乗者がいるのだから、
そいつに前後を確認してもらえば、まず安全。

でも、やらない。
クラクションを鳴らして前の車の運転手を呼びつけた方が
思考コスト的に安いってワケだ。
運転者も同乗者も20歳そこそこの若い男と思われるから、
どうみても元気の盛りのはずなのにね。

そんなコトを考えていたら、妙なコトに笑い声が出てしまった。
と、運転席の男と目が合う。怒ってはいるが出る気はなさそうだ。
もうとっくに車を出して駅前を離れているつもりだから、
その想定から外れる道筋なんて考えたくないのよねー。
思考コスト的には、とっても安上がりだ。

もうちっとばかり考えようぜ、若人よ。
それじゃ、駄々っ子と何も違いはない。
正直に言うと、笑うつもりは、あんまりなかった。
ただ、笑うしかないくらい哀れに思えただけだ。
彼もまた、思考能力節約型社会の犠牲者なのだから。

|

« 火のないトコロだからこそ煙が出る? | トップページ | 「敵」はキライ »