« サクララクサ | トップページ | ひっくり返してみてみてみると »

2008/03/11

半生紀(16) その本、とうに読んだかな

20080311_suica


これまで読んできた本の大半は文庫や新書だったが、
最近では古本を多く買うようにしている。財布に優しくしたいのだ。
ふと、過去に読んできた本の種類を思い返してみたところ、
読書の傾向というのは、性格が表れるものだと感じられる。

昔は理系の本が多かった。特に生物や物理。これは小学生の頃だったか。
中学か高校あたりで、少し小説や詩にも手を出したりした。
あとは哲学や思想、歴史など。そして文系の本が主流になっていった。
ノンフィクション系が好きになったのは大学生あたりから。

また、昔であれば一冊読み終えたら次には大きく違う分野の本を
という読み方をしていたのだが、今では、違った立場で同じ事象を
捉えた本を立て続けに読むなどして、それらを比較したりしている。
これ、結構、面白い。オススメ。

さっき見たモノを、今度は裏側に回って見ているような感覚だ。
「ある人は蛇だと思い、ある人は木の幹のようだと思う」ワケだな。
まあ裏側に回っても、結局は同じようなモノが見えたりするコトも
結構あるのだけれども、そうだと知るコト自体が楽しいのである。

|

« サクララクサ | トップページ | ひっくり返してみてみてみると »