« 絡まり合ったテープを紐解く | トップページ | 牛を殺すには角を矯めてやりゃいいってワケじゃない »

2008/03/07

そりゃまあ減るもんじゃないけどね

20080307_20080107443tsc


いささか目立つ顔立ち・風采であるせいか、
電車の中などでは見知らぬ他人にジロジロと
眺められるコトも少なくない。

視野の周辺部で(目や顔を向けなくても)モノを注視するコトができるし、
そういう連中の素振りや表情で意識の方向は概ね想像できるので、
興味津々で眺めているようであれば目を合わせる。

あるいは「見られているのではないか」といった自意識過剰気味の
様子であれば、あえて視界に入らないフリをする、
といった対応をするようにしている。

なんというか、基本的に天邪鬼だからなあ。

ただし、見ようと意図せず何かを注視してしまうような
小さい子供などでは、また別だ。
そういうコには、好々爺のような笑顔を浮かべて目を合わせる。

なお、「無意識に何かを注視する」性質を維持したまま
オトナになってしまうような人もたまにいるのだが、
そういう人の場合には、相手によりけり臨機応変で。

|

« 絡まり合ったテープを紐解く | トップページ | 牛を殺すには角を矯めてやりゃいいってワケじゃない »