« 今そこにいる危機的なヒトビト | トップページ | 仕切ったり押し切られたり »

2008/04/23

理系用語で読み解く社会(24) ライトコーンの外にある何か

20080423_dscf0413_1s


そも人は皆、今を見ていると思い込んでいるフシがあるのだが、
実際には物理学的に言えば「目の届く範囲の過去」しか観察できない。
二次元化した空間に第三軸として時間軸を加えた環境の中でいえば、
光の速度による傾きを持った円錐形の中、だけが観測可能な範囲。

目先の、あるいは周囲のコトにばかり気を取られていて
もっと広く遠く深く見るコトは、得てして後回しになってしまう。
そんな性質を、生物としてのヒトは持ち合わせている。
まあ目先の生存を重視しなければ、生きてけなかったワケだからね。

だいたい何にせよ、後になって分かるコトなのであるが、
それでも中には、いつまで経っても分からないコトもある。
そんなトコロだ。

ところでおやっさん、明後日は、どっちだ?

|

« 今そこにいる危機的なヒトビト | トップページ | 仕切ったり押し切られたり »