« ついつい追伸ばかり長くなってしまう | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(3) 血を見る夢 »

2008/04/29

真裡学教室

20080429_epsn2803s


よくあるハナシ、本人が悪いコトだと思った行為は
たいてい露見して罰を受けるような気がするけど、
その割には、本人が良いコトだと思った行為だと
ほとんど知られもせず賞賛を受けたりもしない、
そんな気がしている人は少なくないはず。

でもそういった、「満たされない」感覚は、
ヒトの行動の原動力にも繋がっているのだよね。
最近は自信を持って生きている人が少なくなって
きたような気がするのだけれども、それはもしかしたら
満たされない感覚が強すぎて負けているのかもしれない。

だからせめてカネだとか待遇だとか、
あるいはその他思想信条の類だとかで
インスタントな充足ばかりを求めてしまい、
でも性急な請求ゆえに失敗したりして、
さらに気持ちの上では良くない方へ落ち込んでいく。

満たされない中でも自信を持って生きて行くには、
時間を掛けてしっかりした足場を作っていかねば
ならないのだと思うのだけれども。
きっとそういうのも、家庭でも学校でも社会でも
教えられる機会が得られないだろうから、難しい。

|

« ついつい追伸ばかり長くなってしまう | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(3) 血を見る夢 »