« 低級倫理学試験 | トップページ | 倫理学小テスト・回答変? »

2008/04/07

コイシイというのは、イトシイというのとヒトシイのではなくて、むしろどちらかというとオイシイ、に近イらシイ。

20080407_imgp0031s


多くのヒトにとって目的というものは
「何の邪魔も入らず即座に達成できて当然」という扱いであるらしい。
だからこそ、それが実現できなかったときには「由々しき事態」となり、
その障害となった自らの周囲に対して憎悪の念を抱いたりする。
不条理なように思われるが、しかしそれがヒトの本質に近いものだ
と念頭に置くべきであろう。

簡単な例で言おう。

自己紹介やプロフィールというのは、本人にとっての
「こうありたい」「こう見てもらいたい」という姿。
他人から見た「こんなもんだ」という姿は、たいてい違うのだな。
特に思春期、コドモがオトナに変わろうとする頃、
そういう性質が多かれ少なかれ見受けられるようになり
まあ若干はオトナになっても引きずってしまうワケで。

「こうありたい」というタテマエと、
「こんなもんだ」というホンネの部分が交錯する現実に疲れ果ててしまって、
人間付き合いから遠ざかろうとするような人も少なくない。
ココロの中には「こうありたい」ってカタチがあるのに、
邪魔ばかり入っていつまでも達成できないような状態が続いているから
それを嘆いているに過ぎなかったりするんだけれども、本人は気付かない。

実際がそうでないのだから当然といえば当然のはずなのだが、
「そんなのありえない」という脳内処理のおかげで、
現実の状態に気付くコトができないのである。
過去を見てみれば、そんな例は枚挙に暇がない。
というよりむしろ、そんな状態にいるヒトの方が普通なのであって、
現実を冷静に直視できている状態のヒトの方が圧倒的に希少だ。

かといって、「そんなのできてない」という思い込みを持つとどうなるか。
それはそれで容易なコトではないと思うけれども、もし可能だとしたって、
また別の意味で精神的な落とし穴に落ち込んでしまいそうである。

う~む、難しいもんだ。

|

« 低級倫理学試験 | トップページ | 倫理学小テスト・回答変? »