« ヒトであるがゆえの不治憂 | トップページ | たまには時事ネタ(16) 名物オヤジのいない街 »

2008/06/12

いずれにせよ間違いが含まれるコトは間違いない

20080612_epsn4691s


仮説検証の際、「仮説は間違っていても構わない」という
心掛けで考えるように、とかいうハナシをどこかで読んだ。

まあそうだ。どうせヒトの考えるコトですから。
間違いが含まれていて当然。というか、ないはずがない。

むしろ、あるという前提で間違いを検証しましょう、ってのが
仮説検証の基本的な考え方なのではないかと思うのだな。

そうやって、間違いを見付けては正すという習慣を身に付けて
仮説でないモノゴトに対しても活用していきたいもんだ。

何をしても変わらないと思われてしまいがちな社会制度とか
しばしば自己欺瞞で間違いを隠蔽しようとする自分自身とか。

間違いが存在するコト自体、そりゃぁ残念だし問題ではあるけれど、
せめてそれに気付いて直せるのなら、まだ救いがあるのではないか。

そうしてさえ、報われないコトはあるのだけれども、
そうしなければ何にしても無駄に報われぬままだから。

もちろん、そこで修正を加えてもなお、まだいずれ間違いは
見つかってくることだろう。でもそれもまた直せ。せめて。

|

« ヒトであるがゆえの不治憂 | トップページ | たまには時事ネタ(16) 名物オヤジのいない街 »