« 節操のない世相のなかでも | トップページ | それは、きっと、誰でもない »

2008/07/19

たまには時事ネタ(24) 観衆混乱監修困難

20080719_imgp0004s


贈与・互酬で成り立つ人間関係が生き残り、
西欧近代風の合理性には染まりきらない――
そういう田舎は、まだまだ日本のどこかにある。

互酬関係というのはヒトの心理の深部と密接に
絡み合った高度な関係構築・維持手法であって
そのもの自体に問題があるのではないと考える。

むしろ公私の区別が必要になった世の中において
無思慮かつ安易に互酬関係を構築・維持しようと
拡大解釈して適用してしまうコトが問題のはず。

ボールを受け取ったのは「私」であるにも関わらず
その「私」のモノでなく「公」のモノで返そうとして
しまうのは思考の低抵抗ルートを辿るがゆえか。

詰まるに時代に合わせて慣習を変えていくのは
ヒトの性質からすると難しいコトであるものだから、
そういう問題は今後も出てくるだろうと、なる。

|

« 節操のない世相のなかでも | トップページ | それは、きっと、誰でもない »