« 出張旅行記・余話 出っ張らない日々 | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(20) 敲頭苦 »

2008/08/08

自称逸般塵の不通の日記(19) 戯言か譫言か絵空事か、それは与り知らぬコト

20080808_epsn5913_1s


ある日いきなり、ひょっとしたら
この夏は日本の転換点の一つになるのではないか
という考えが、ふと浮かんだ。

果たして実際そうであるか否か
それは後の時代になって振り返ってみなければ
断言するコトなどできないが。

なにしろ砂丘を構成する砂粒の
たった一つでしかないのに砂丘が動いてるだのと
思っているだけなのだからなあ。

|

« 出張旅行記・余話 出っ張らない日々 | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(20) 敲頭苦 »