« 自称逸般塵の不通の日記(19) 戯言か譫言か絵空事か、それは与り知らぬコト | トップページ | たまには時事ネタ(27) 大本営が初めて玉砕を発表した日 »

2008/08/09

自称逸般塵の不通の日記(20) 敲頭苦

20080809_20080808591tts


東京と千葉の間の地域については、
どうも暑い印象ばかりが強い。

今年もまた仕事や私用で何度も訪れているが、
他の地域より暑く感じるのは気のせいか。

このあたりは地勢的にみれば湾奥部の静かな干潟で
きっと水も空気も停滞しやすい場だったはず。

そういうところを埋め立てて陸化して
倉庫や工場や集合住宅を建ててるワケだ。

幾筋もの線路や道路は多くが高架化されて東西に走り
地表における南北の空気の流れを遮ってたりする。

そしてイネ科を中心とした植物が生い茂っていたであろう地表は
多くがコンクリートとアスファルトに置き換えられて熱を蓄える。

……駄目だなあ。
考えれば考えるほど、暑苦しくなってくる。

|

« 自称逸般塵の不通の日記(19) 戯言か譫言か絵空事か、それは与り知らぬコト | トップページ | たまには時事ネタ(27) 大本営が初めて玉砕を発表した日 »