« 理系用語で読み解く社会(32) 感性の法則・組織片 | トップページ | たまには時事ネタ(33) 何人もの日本人研究者が選ばれた件 »

2008/10/09

出張旅行記(22) バイパス工事が繰り返される本州の大動脈

20081009_dscf2224_1s


先日の出張では、東海道新幹線三島駅を使った。

これで、同線で利用経験のない駅は熱海と掛川を残すのみ。
熱海はともかく掛川は厳しいだろうと、噂されているが、
まあいつか出張の機会もあろうと、長い目で待っている。

アポイント先は、そこから東海道本線に少し乗ったトコロ。
列車の本数が少ない上に、在来特急との接続などを待って
いるもんだから、距離の割には時間を要した気がする。

もと東海地方在住者によれば、JR東海は新幹線に比べると
在来線を非常に冷遇しているとの由。まあ実際、旅客量も
収益も、在来線旅客の占める比率は小さなものであろう。

さらに近年ではモーダルシフトの流れが加速しており、
貨物路線として在来線の重要性が高まっている様子だ。
以前、寝台特急に乗ったときも、すれ違う貨物をよく見た。

加えて今度は、リニア実用線の計画も持ち上がっている。
時間をカネで買いたい旅客は多いから、収益も期待できよう。
幾重にもバイパスされた日本の大動脈は、さらに太くなる。

一方で在来線旅客の冷遇は、さらに進むのだろうか。

|

« 理系用語で読み解く社会(32) 感性の法則・組織片 | トップページ | たまには時事ネタ(33) 何人もの日本人研究者が選ばれた件 »