« 吹出物は、処限る | トップページ | 理系用語で読み解く社会(31) 沸き立って泡と弾ける世界 »

2008.10.03

たまには時事ネタ(31) 混ぜるな危険。だって世界は繋がっているから

20081003_p6010097sqs


カネが融けて流動性を持つと、他のカネを取り込んで混ざり合い、
リターンとリスクを伴って戻ってくる。これぞ天下の回し者、と。

まあそんな錬金術は天の下、人の間でのみ通用するのだろうけど、
このカネってのはモノの代替品なワケで、モノと同様にヒトの間や
ヒト集団の間を行き来していくのだから、そんな流通網に汚染が
入り込んでしまえば、どこまでも広がっていくというワケだな。

要するにリスク汚染された金融商品は、まさに食品汚染と変わらず、
また新種の感染症などと同じく、全世界へGOしてしまうのであった。

|

« 吹出物は、処限る | トップページ | 理系用語で読み解く社会(31) 沸き立って泡と弾ける世界 »