« 今の日本は企業社会主義国家か、と思ってみたり | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(46) 食わず嫌いでは旨くない »

2008/12/16

たまには時事ネタ(37) 爾後国民生活を対手とせず?

20081216_dscf2359_1ts


ところで、先の金曜夕方に行われた会見については、
オンライン番組表を見ていて存在を知っていた。
忙しかったしウザそうなので生放送では見なかったが。

後でニュースを見てみれば、やれやれだ。
ずいぶんと大風呂敷を広げたもんだなあ。
でもその目玉だという減税は誰に向けたものか。

景気浮揚が目的だから当然といえば当然だが、
持ち家どころかマイカーにも手が届かぬ層には
ほとんどメリットがないあたりが、まあアレだ。

革新貴族ってコトバを思い出してしまったよ。

そりゃ確かに、政治家ってのは大局を見て
それなりの時間軸を意識した上で政策を立て
実行するのが仕事だろうけどもさ。

でもね、そういうトコロで景気が良くなった
としてもだよ、住宅だのやクルマだのは夢物語という
程度の生活水準の人には、その景気も届かない。

21世紀の日本は、そういう構造になってるから。
既に直近の「いざなぎ越え」とやらで実感して
いるから、ほぼ間違いないと思うんだな。

|

« 今の日本は企業社会主義国家か、と思ってみたり | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(46) 食わず嫌いでは旨くない »