« 売買が成立した時点で同罪なのです | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(48) 江戸っ子は「ひ」と「ち」の区別がつきにくい? »

2008.12.22

自称逸般塵の不通の日記(47) 師走のある日。戦力の逐次投入は戦略的に不利であるコトを改めて実感

20081222_20081218027s


午前中の仕事を終えて昼寝をしていたらu君から電話。
「打ち合わせの帰りに仕事の相談をしたい」
駅前のファストフード店で食事がてら喋っていた。

夕方、店の窓から見える駅では、ずいぶん長い時間、
電車が止まっているのに気付く。運行情報のサイトを
みてみれば、人身事故があって遅れているとのこと。

と、Bからメールが。「ひま?」
帰宅途中の駅で、停車したままの列車内にいる模様。
ただ待つより、いったん降りて食事したいのだろう。

駅に出て合流し、3人で夕食。その後は軽く飲む。
慌ただしい時期ではあるが、ゆったりとした時間だ。
しかし、さらにそこにメールが。

u君の彼女が仕事帰りで、「はらへった」というのだ。
やはり同様に、遅延して混雑している列車で疲れた模様。
またもや駅で合流して4人になった。

遠くまで帰宅せねばならぬBは、ここで脱落。
そして残る3人は、またも駅前で軽食を取る。
さすがに最後はソフトドリンクしか入らなかったぞ。

|

« 売買が成立した時点で同罪なのです | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(48) 江戸っ子は「ひ」と「ち」の区別がつきにくい? »