« 自称逸般塵の不通の日記(46) 食わず嫌いでは旨くない | トップページ | 「いただきます」「ごちそうさま」の倫理 »

2008/12/18

茶色の大瓶

20081218_dscf1817_1tsqs


とはいえ、銘柄限定だが瓶ビールも好きだ。
(特にラガー系なら生と瓶との差が少ないし)
なにせ瓶でしか飲めない銘柄もあるので。

この銘柄は、扱っている店も多くない。
居酒屋で瓶ビールを注文したとき、
赤い星が出てくると妙に嬉しくなる。

これも、肴によるが、何杯でも飲める。
缶入りで販売されたコトもあるというが、
瓶詰めの味わいが期待できぬから興味はない。

しかし逆に、銀色ラベルのが出てくると
たいてい次には別の酒を注文してしまう。
一杯目ならともかく、連続で飲むと飽きる。

あの銀色のヤツは、日本人の味覚に合わせて
あっさりさっぱりすっきり喉越し重視の、
いうなれば淡味辛口に作られているらしい。

このコンセプトに照らしてみると、おそらく
味わいなどむしろ邪魔な存在となるのだろう。
味が薄いから、たいていの料理にも合う道理。

そりゃあ「水」が合わぬ料理などなかろうよ。
占いなどで使われる「フリーサイズ効果」
などにも似た、ようなイメージを受ける。

でもね、味わいのある酒ってのは、料理の
味わいとの相乗効果で、もっと旨くなるのよ。
その相性を上手に合わせて飲み食いすれば、ね。

|

« 自称逸般塵の不通の日記(46) 食わず嫌いでは旨くない | トップページ | 「いただきます」「ごちそうさま」の倫理 »