« たまには時事ネタ(36) あとは流すだけ、では済まされない | トップページ | たまには時事ネタ(37) 爾後国民生活を対手とせず? »

2008/12/15

今の日本は企業社会主義国家か、と思ってみたり

20081215_epsn6178_1ts


むしろ底辺の生存が危ぶまれる層を中心として恒久的な
セーフティネットの充実を図ってやるべきではないか。

そも皆が苦労する時代になると、良心的な社会であれば
たいていは社会保障の強化が進むものであって、得てして
これまで楽をしてきた層が相対的に強く不満を抱く構図。

それは既得権を奪われたという思いからくる逆恨みでしか
ないのだけれどもそれはとても根強く残るものであって。

だとすれば企業が金を出し合って、その必要とする労働力プールを
安定した状態に保つための仕組みを作るのが望ましいのでは?

低コストで手軽に使い捨てられる労働力があるおかげで
企業は成長してきたのだから、それを保護してしかるべき。

ローリターンな仕事をする人たちにはローリスクで
生られるように計らう一方、ハイリスクな仕事の人たちには
ハイリターンを与える、それでいいんじゃないか。

長期的にみても、決して悪くないハナシだと思う。
そのための具体的な仕組みを考えてみたいものだ。

|

« たまには時事ネタ(36) あとは流すだけ、では済まされない | トップページ | たまには時事ネタ(37) 爾後国民生活を対手とせず? »