« 遠くの聖地より近くの拝處 | トップページ | 役に立つか苦言かどうかは受け手次第(12) 意思の下にも残念 »

2009/01/18

役に立つか苦言かどうかは受け手次第(11) 執念老い易く気楽には成り難し

20090118_dscf0513_1s


その昔、「バスに乗り遅れるな」
なんてコトバがあったっけ。
たとえそのバスが定員オーバーであろうとも、
乗らねば損というのだった。

「誰もが手つかずの地面を掘るのに夢中
引き算だらけの計画に誰もが夢中」
そんな歌(ZABADAK)も昔あったっけ。
ヒトの性質ってのは、常にそうなのか

でもヒトの一生なんて
とても短く儚いものだから
探したり奪い合ったりしていると
どんどん時間が失われていく

少しでも良いモノをと遠くまで
探しに行って時間を費やしていたらば
少しは良いモノが身近にあるのに
それさえも得られぬまま終わってしまいそうだよ

そして残るものは何もない
だってヒトは土に還るのだから
積み上げたカネも持って行けない
蓄えたモノも持って行けない

|

« 遠くの聖地より近くの拝處 | トップページ | 役に立つか苦言かどうかは受け手次第(12) 意思の下にも残念 »