« 振り出しに、戻れる人々 | トップページ | 役に立つか苦言かどうかは受け手次第(17) 糾える縄の如くに、禍を福と成せたらいいね »

2009.01.28

役に立つか苦言かどうかは受け手次第(16) 攻防も筆の誤り

20090128_p5300044s


ヒトは完璧な存在じゃないから、語ったり書いたりするコトバに
若干のミスやエラーが含まれるのを、完全には避けられない。

語られる単語が増えれば表現エラーの数は増えるものであるが、
それに対する批判や、さらにそれを受けた弁明や訂正などにより
想定していた以上に単語数が増えてしまいがちであったりする。

しかるに紛糾した議論は、正のフィードバックを得て余計に
紛糾してしまいがちなものであると言えるんじゃないかと。

コレを避けんがために根回しや予備審議などを行う方法もあるが
実はそれ自体もまたやり取りする単語数を大幅に増加させる原因に
なりがちなものだから、効果的な準備ができなければ逆効果。

|

« 振り出しに、戻れる人々 | トップページ | 役に立つか苦言かどうかは受け手次第(17) 糾える縄の如くに、禍を福と成せたらいいね »