« 理系用語で読み解く社会(38) フォン・ノイマン型ヒューマノイド | トップページ | 役に立つか苦言かどうかは受け手次第(15) 人の振り見ずとも我が振り直せ »

2009/01/23

理系用語で読み解く社会(39) 臨界は質より量?

20090123_p5300043s


ある一定の確率でバカは中性子を放出して分裂する
他のバカがその中性子を吸収すると分裂が促される
分裂すればまた多くの中性子が放出され連鎖する
連鎖が臨界となれば大量のエネルギーを放出する

劣化バカは中性子を吸収して違った種類のバカに変質するので
劣化バカの壁を作っておくと臨界後の大量の中性子を吸収して
こちらもまた臨界に達して大量のエネルギーを放出する
劣化バカは要するに次世代のバカというワケである

だから世の中に制御棒が欲しいよね
バカがバカを作るのを止められるようなのが
でもそんなのは夢物語でしかないワケで
地道に知恵を広めていく以外にはないのだろう

|

« 理系用語で読み解く社会(38) フォン・ノイマン型ヒューマノイド | トップページ | 役に立つか苦言かどうかは受け手次第(15) 人の振り見ずとも我が振り直せ »