« 自称逸般塵の不通の日記(56) そういえば立春だっけ | トップページ | 出張旅行記(23) 松浦川の左岸を鳥栖へ »

2009.02.05

自称逸般塵の不通の日記(57) くしゃみ3回、レレレのレ

20090205_dscf2143_1sqs


パスワードで守られたサービスなどでは、
連続3回間違えると入れなくなるようなものが多い。
では、嚔を連続3回かき消してしまうと何が起きるのだろう?

昨年末の風邪が治りかけだった頃の、ある朝の出来事――。

1.目覚めた直後に鼻腔が乾燥していたことから出そうになった嚔は、
 咳にかき消された。喉も乾燥していたのだった。

2.水分を摂ろうと思い、飲む前に茶でうがいをしていたら、
 その最中に嚔が出そうになったので、つい一緒に飲み込んでしまった。

3.その後、リンゴを剥いていたら嚔が出そうになったのだが、
 あろうことか欠伸に化けて消え失せてしまった。

しかし、その日は、さほど日常から変わった点はなかった。
一つだけ違ったといえば、万年筆のインク瓶が開かなかったくらいか。
なのでカートリッジ式の万年筆で、出掛けたのだった。

時と場合に依り違いがあったりするかもしれないが、
少なくとも今回は大した問題ではなかったようである。

|

« 自称逸般塵の不通の日記(56) そういえば立春だっけ | トップページ | 出張旅行記(23) 松浦川の左岸を鳥栖へ »