« 理系用語で読み解く社会(41) 疑念トロピー増大の法則 | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(74) 春の嵐の遑の夢の中 »

2009/03/17

自称逸般塵の不通の日記(73) 暗闇あれ

20090317_dscf2933_1s


いつものように深夜に風呂を浴びていたら
例によって白熱灯が長く滅灯した。

気付けば浴槽の縁に外から光が差している。
満月に近い月の光が窓から入り込んでいたのだ。

「たまには気楽に月でも眺めるといい」
とでも言いたかったのか。

|

« 理系用語で読み解く社会(41) 疑念トロピー増大の法則 | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(74) 春の嵐の遑の夢の中 »