« 坂を下っていたら雲なんて見ていられないもんな | トップページ | ヒト工学 »

2009/03/30

護国なんかより豊穣?

20090330_epsn0891s


国(の経済/民の生活)を護るだって? よくいうよ。
ピラミッドの天辺の石が、動きたくないだけだろ?

短期的には人々も我慢せずに済むかもしれないが、
実は問題を将来に先送りして何を守るというのか。

そもそも、そんなモノを守って何になる。
国破れても山河あり五穀豊穣ならいいじゃないか。

とはいえ子孫に美田なんて残せそうにないけれど、それより
むしろ転んでも泣かないように育ってもらいたいよな。

もうすぐ墓場に消える連中にとっては気になるまいが
その下の世代は今の若者たちが成熟するのを見続ける。

目まぐるしく変化し続ける世界情勢の中でありながら
3四半世紀は生き続けるのだから、ヒトも大変だ。

……などと花見の席で酔ったら言い放ちそうなのに気付き、
余計に花見への期待感が高まるのであった。

今週は花冷え著しく満開まだ遠い。
来週こそは楽しみたいものだね。

|

« 坂を下っていたら雲なんて見ていられないもんな | トップページ | ヒト工学 »