« たまには時事ネタ(42) 政治外活動規制法 | トップページ | たまには時事ネタ(43) 算段ロケット? »

2009.04.02

たまには時事ネタ(43) プライドチキンの花火

20090402_dscf2732_1s


遂に日本人は宇宙ステーション長期滞在を開始した。
有人宇宙機開発への取り組みも始めようとしている。

身長56㍍、体重551㌧、巨体が唸るぞ空飛ぶぞ、
その名はH-2Bロケット……も、年度内デビューの計画。

長い年月と膨大な予算を必要とする宇宙開発は、
ある意味で先進国ならではの取り組みといえる。

巨大技術というのは決して単一事象を指すのではなく
むしろ長年の蓄積や人的な層の厚みに依存しがちだ。

だからこそ経済的な繁栄が技術を支えるのであり
それは即ち国力の誇示に使えるのである。

そういう意味では北の国の発射台の上にあるヤツなど、
ロケットでもミサイルでもどっちであろうと、

列強と同じようなコトができる国家なんだよと。
アピールしたい年頃であるコトを示すものだろう。

そういえば“キム母さん”も言ってたっけな
「プライドを大切にしてあげてほしい」と。

駄々っ子に躾を身に付けさせようとするなら、
気長に構えて成長を促してやった方が良いかもしれん。

駄々を捏ねても結果は期待を裏切るものと知らしめる。
それどころか逆効果になるというコトを理解させる。

そのためには事前の警告がハッタリに終わらぬように、
あるいは確実に実施される内容の警告であるべかろう。

決して時間が解決してくれるワケじゃないけれど、
継続は力なりと言うが如くに、時間が必要だろうと。

|

« たまには時事ネタ(42) 政治外活動規制法 | トップページ | たまには時事ネタ(43) 算段ロケット? »