« 諦翁がっくり? | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(80) それ行ける? 3人組 »

2009/04/24

理系用語で読み解く社会(43) 流体情報学

20090424_dscf2109_1s


圧力をかけて押し出されるモノは、
たとえば配管内ならば、きちんと流れてくれるだろう。

でも世の中そんなにうまくできてない。
なにせ流れて行く先は茫洋とした社会なのだから。

それは砂漠の涸れ川のような、
いやどちらかというと大洋の中の海流のような、

押された勢いで流れているけれど、
行き着く先は決まっていない、そんなカンジだ。

むしろ先行するモノが突っかえて
後続するモノが進めず左右に蛇行していくような、

そしてさらに後ろから押されていって、
拡散したり冷えて沈降してしまうまで流れ続ける。

|

« 諦翁がっくり? | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(80) それ行ける? 3人組 »