« 一人旅に遊びつつ末広がりの夢を見る | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(79) 外耳のハナシ »

2009.04.19

自称逸般塵の不通の日記(78) 春は名のみの陽射しの暑さや

20090419_dscf2354_1s


どうも今週は変な感覚だった。
同じ曜日が2度、あったかのように感じていた。

週末から2~3日、自宅で読書ばかりしていたのが、
さすがに良くなかったようだ。当然といえば当然だが。

そんなワケで、週の半ばからは、
足繁く出掛けるようにしていた。

稼ぎにならないかもしれないと思いつつも、
仕事に関連しそうなイベントに足を運んだりしている。

読書にしろ外出にしろ、ほとんど仕事に直結するような
内容でないとしても、アタマを働かせてくれるのが好きだ。

頭脳を何の働きもさせずに置いておくと、
今後いざ仕事が来たときに使えなかったりするし、

仕事よりも何よりも、大して回転は速くないが
ずっと考え続けているのが、性に合う。

それにしても桜が終わってから、
かなり暑い日が続いたものだ。

朝夕のために上着を持っていたとはいえ、
昼間はワイシャツだけで出歩いていた。

夜は夜で、近所で春の猫が五月蠅いので、四月猫と書いて
「やかましい」とでも読もうかなどと思ってみた。

あとは、手で文字を書いていないというのも、
アタマが回らない理由かとは思う。

けれど、おかげさまでこれから少しばかり仕事が続くので、
それなりに解消されていくだろう。

考えるネタを提供してくれるような内容で、
かつ稼ぎに繋がるような仕事なら、大歓迎。

|

« 一人旅に遊びつつ末広がりの夢を見る | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(79) 外耳のハナシ »