« 自称逸般塵の不通の日記(86) 夜明け前は最も冷え込んで | トップページ | 所持品紹介(19) 携帯電話トホホロジ »

2009.05.28

所持品紹介(18) 縫い目がいっぱい

20090528_epsn7163_1s


普段着のズボンを、「ツギハギだらけか」と
問われるコトが、たまにある。
これはジーンズ地に厚手のナイロン布を重ねた
屋外用の作業ズボンだ。
地と重ねた部分とが別の色で作られているので
ツギハギのように見えるらしい。

一方、身体には2箇所の縫い目がある。
一つは鳩尾から臍まで、まるで溶接痕の如く。
これは交通事故の怪我の手術痕。
後部座席から放り出されて路上に転んだのだが
腰から下は掠り傷程度だった。
この作業ズボンの強さを図らずも示したものか。
(ちなみに、もう一つは別の手術痕。
耳朶の裏に隠れている)

たしか大学時代から、もう何世代目か、
今も普段着にしている。
実は2~3パターンの色違いや素材違いで
着回しているのだけれども、
そこまでは、さすがに指摘されるコトも
あまり多くはない。

|

« 自称逸般塵の不通の日記(86) 夜明け前は最も冷え込んで | トップページ | 所持品紹介(19) 携帯電話トホホロジ »