« 所持品紹介(18) 縫い目がいっぱい | トップページ | 業務用っぽい生活 »

2009.05.29

所持品紹介(19) 携帯電話トホホロジ

20090529_dscf3928_1sqs


携帯電話機を一つ、買った。

前の機種は30カ月あまり使っていて
電池が劣化してきていたという理由もあるが、
近年の携帯電話事業者側の販売手法の変化に伴って、
新しい機種を購入すれば月々の基本料金が下がる
ような状況になっていたため、それを利用して
目先の出費を抑えるのが、主な目的。

(ただし、基本料金が下がる一方で、
端末代金の割賦払いが必要になってくる。
これを貯まったポイントの充当で値引き、
さらに使っていないサービスの解約など
利用状況を見直して、月の支払いを
以前と同等以下に抑える方針)

しかし最近のケータイというのは、
二つ折りとかスライド式が多くて、
なかなか真っ直ぐなモデルが少ない。
中でも多機能モデルは非常に限られていて
既存機種で使っている機能を備えていないなど、
候補が少なくて困るような状態が続いている。

考えてみれば、10年くらい前の時代には
世の中のケータイはストレート型が主流であり
機能はもとより小型軽量を競っていた気がする。
しかし、その時代に使っていたのは、昨今の
スマートフォンに通じる、とても多機能で
二つ折りの、大きく重い通信端末であった。

しかし以降は、二つ折り端末を選ぶコトが減った。
今もスライド式でフルキーのついた端末は持ってるが、
他に使ってるのはストレート型の電話機ばかり。
今回はストレート型の中で、「おサイフ」つきで防水、
もちろんテンキーあり、という条件で求めていたため、
当該事業者の最近の製品では一つしか選択肢がなかった。

買ったのは、最初から業務用として作られた機種。
そこらのケータイより大きく重く無骨で、
外見的にも威圧感があるのはいただけないが、
ストレート型で必要な機能を備えているのは他にないし、
値段を聞いてみたら思っていたほど高くなかった
というのもあって、決定に至る。

単なる天の邪鬼かもしれんなあ。

|

« 所持品紹介(18) 縫い目がいっぱい | トップページ | 業務用っぽい生活 »