« 理系用語で読み解く社会(46) ヒトに優しい弱賛成 | トップページ | 理系用語で読み解く社会(48) 議論の不可逆性と、ある程度の粒度のヒト集団によって構成される強い正のフィードバック回路について »

2009.05.07

理系用語で読み解く社会(47) キモチのヒステリシス

20090507_dscf1780_1sqs


ヒトのキモチなど非合理性の極みのようなものだし、
それこそ非線形な存在であるからして、分析は容易ではない。
逆のルートを辿ってみても同じトコロに戻るコトはないものだ。

たとえば大切にしたい人がいて、その人に好かれたいのに、
逆に敬遠されたり距離を置かれたりしたら、
そりゃ誰だって荒んでしまうもんでしょ。

ただしそれは相手のキモチに関係のないコトで非合理的。
そんな感じで御しがたい心身に最も腹を立てているのは、
得てして自分自身だったりするのだよね。

だからそんなのを使いこなそうなど、自分自身でも無理だろうさ。
ただ、それを知って先回りするコトは不可能じゃないから、
コントロールしているように見せかけるくらいなら、できるかもね。

|

« 理系用語で読み解く社会(46) ヒトに優しい弱賛成 | トップページ | 理系用語で読み解く社会(48) 議論の不可逆性と、ある程度の粒度のヒト集団によって構成される強い正のフィードバック回路について »