« 理系用語で読み解く社会(50) 事故着火性 | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(86) 夜明け前は最も冷え込んで »

2009/05/26

それはヒトの性に合わぬのか

20090526_20081011666t


そんなに損するのが惜しいのか。
大した損でもあるまいに。

そんなに死ぬのが怖いのか。
どうせ100年もすれば朽ちる命を。

他より僅かでも損を減らそうとするあまり
他者に致命的な損害を与える結果になるなら
それは不善なり。

あるいは、
今ちょっとばかり損を減らしたトコロで、
後に禍根を残すならそれは大損だろうと。

しかしそういったトコロこそ、
まさにヒトがヒトたる所以か。
限定合理な存在なのだから。

たしかにカネも命も惜しい。
だが出し惜しみしても死蔵だ。

厳しい世の中こそ大事にしたいのは
「出し惜しみ」以外のキモチ。

誰も彼もが損していい死んでいいというワケじゃないが、
誰も彼もに損をさせて死なせていいワケでもないだろう。

|

« 理系用語で読み解く社会(50) 事故着火性 | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(86) 夜明け前は最も冷え込んで »