« たまには時事ネタ(49) 右を見て、左を見て、安全を確認してから入りましょう | トップページ | 理系用語で読み解く社会(46) ヒトに優しい弱賛成 »

2009/05/05

それにしても自己制御は難しい

20090505_epsn4405s


時間がなくて焦りそうなときには「まだ余裕がある」、
のんびりしすぎて時間が足りなくなりそうなら「もう後がない」
という具合に、マイナス方向の意識を打ち消すような考えを巡らす。
それは、当然ながら行き過ぎると逆に良くない結果をもたらす。
だから適度に、当て舵を入れるように工夫しながら、
だいたい真ん中あたりの落ち着いた状態を維持していられるように。
それは自然の摂理に従うような感覚なのではないかとも思う。

まず感情と、次いで勘定と、折り合いをつけながら生きる、
そんな感じに、ここ何年かを過ごしてきた。

だから、いろいろと工夫をしつつ感情を受け流すようにしている。
我慢できなくなるコトに備えて作り上げた脳内の低抵抗思考ルートだ。
内部の漏電に備えてGND配線をするのと同じようなもの。
外部からの強い入力に対する備えとしては、
それはつまるところ避雷針みたいなもんで、
また別の低抵抗ルートを作っておかねばならないんだが、
しかし、まだまだそっちは難しい。いろいろと。

|

« たまには時事ネタ(49) 右を見て、左を見て、安全を確認してから入りましょう | トップページ | 理系用語で読み解く社会(46) ヒトに優しい弱賛成 »