« 所持品紹介(17) 眼鏡は特徴的な顔の一部ですよ | トップページ | 役に立つか苦言かどうかは受け手次第(24) 光芒も焦点の誤り »

2009/05/16

曇り空はマットな背景、雨はツヤと透明感を出す小道具

20090516_dscf3769_1s


たまには写真の話をしてみよう。

先の連休の後半、カメラを抱えて出掛けた日に、ちょっと天候が崩れた。
そこで、「空が青くないなら白い背景に使えばいいじゃない」とばかりに、
その白い空を露出上限に見立て頭上の新緑を見透かして撮ったりした。

小さな農業用ダム湖の畔を歩く。

風は弱く、鏡のように湖面は細かな模様のついた周囲の景色を映し込む。
青空が出ていたとすればコントラストが強すぎて空の色の変化を出そうか
木陰の陰影を見せようかと悩むであろうトコロ、却ってすんなり決まる。

そのうち小雨もパラついてきた。

雨滴で瑞々しい印象をさらに強めていく若い葉は木立の陰影を背景とし、
大木に囲まれた中で濡れて空を映す古寺の山門の屋根はひたすら輝かしく、
濡れて艶と深みを増した石垣には弱い光を浴びる叢を前景に置いてやる。

見返せばそんな感じに撮ってる。

|

« 所持品紹介(17) 眼鏡は特徴的な顔の一部ですよ | トップページ | 役に立つか苦言かどうかは受け手次第(24) 光芒も焦点の誤り »