« たまには時事ネタ(51) 何というか常に新鮮な感覚が、良くも悪くも | トップページ | タメにする行為がダメにしてしまう危険性 »

2009/06/15

自-分解-析

20090615_epsn6076_1s


感情のまま動いてしまえば良くない方向へ入り込んでしまいそうなとき、
その感情とは異なるトコロへ向かおうとする理性が働く場合もある。

そんな葛藤に陥ってしまったら動き出すのは非常に難しいものだし、
だからといって無理に感情を押し込めて理性に従っても後が大変だ。

流れに逆らい続けても長続きしない。感情を無視してヒトは生きられない。
むしろいっそ流れより早く進んでみたら、いいのかもしれない。

感情を理性と同じ方向に導いてやれば自然に動けるのではないだろうか。
感情の動きを愛でつつ、それを飼い慣らして御せるなら、それが良さそうだ。

いささか難しいコトだろうけど、たとえば感情を押し殺し続ける苦しみとか、
感情に流され続けるよりマシだろうから、その方法を考察する価値はあるはず。

そしてひょっとしたらたまに、それを実現できていると思えるような
状況もあるように思われるので、今後は機会を捉えて解析を試みよう。

in-vivoな近リアルタイム解析となると非常に困難なものではあるけれど、
何度も挑戦しつつ解析手法そのものも改良していけば、いけるかもしれない。

|

« たまには時事ネタ(51) 何というか常に新鮮な感覚が、良くも悪くも | トップページ | タメにする行為がダメにしてしまう危険性 »