« 都会における、エンジンと車輪のついた個人向け排他的ファッションアイテム、についての考察 | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(92) 梅雨の晴れ間の出来事など »

2009.06.12

理系用語で読み解く社会(51) 俯瞰全変態

20090612_epsn6312_1s


コドモからオトナになるとき、
たいていは、そのままであり、
何かが変化するとは限らない。

所持品とか点数化できるステータスとか、
そういうトコロばかり気にするコドモは、
オトナになっても、やはり気にし続ける。

コドモの頃から知恵を働かせるコトを知らずにいれば、
どうしたってオトナになっても知恵を使うのは苦手だ。
もっと訓練しておけば良かったとは、日々後悔してる。

コドモの頃から利用してきた店を、
オトナになっても使い続ける例も多い。
他の世界を見る機会がなければ、そうなる。

安売り店などが、ある程度の期間を経て
気付けば高級志向になったりするのも
そんな動向の裏返しなのではないかな。

きっと世代交代ってのは、
こんな風に生じていくケースも
あったりするんじゃないだろうか。

今は、たぶん分化していく時代。
交わるよりも別れていく方が多い。
世代だけでなく階層などもまた。

|

« 都会における、エンジンと車輪のついた個人向け排他的ファッションアイテム、についての考察 | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(92) 梅雨の晴れ間の出来事など »