« 休符が入って至急開始できる準備が整わなかった件について | トップページ | 出張旅行記(26) 続・車内務戦乱 »

2009.06.06

自称逸般塵の不通の日記(90) 降れば土砂降りゲリラ豪雨、の仕事

20090606_epsn6824_1s


今週は、どうしたコトか急に忙しくなった。
ほぼ毎日アポイントがあって、
都内のみならず横浜や大阪まで出た。

何カ月か、仕事が極端に少ない状態に
慣れてしまっていた心身には、
いささか強い刺激となったな。

持ち帰った仕事は来週一杯くらい掛かる。
今後の食い扶持のためにキッチリ片付けるべく、
山積みの資料を前に唸る日々が続く。

カネになるのは、これらを仕上げて
請求を立てて先方で処理されてから。
まだ当面は極貧の生活を維持せねば。

夜明け前が最も暗いとは、よく言ったもので、
先に見えてきた明るい材料を前にしながらも、
糊口するため目先の金策にも唸る日々となる。

それに、今回の仕事の山は一時的なもの
かもしれないので、その先も楽観はできない。
まだまだ気は抜けないってワケだな。

とはいえそれでも少しばかりは
明るい材料を得て元気が出た気がする。
雨降って地固まる、とでもいうのかね。

|

« 休符が入って至急開始できる準備が整わなかった件について | トップページ | 出張旅行記(26) 続・車内務戦乱 »