« タメにする行為がダメにしてしまう危険性 | トップページ | 知識は増えこそすれ、減るもんじゃなし »

2009.06.17

自称逸般塵の不通の日記(93) カラスの勝手じゃない?

20090617_dscf2579_1s


最近、近所で妙なカラスの声が聞こえてくる。
微妙なイントネーションを伝えるのは難しいが、
カタカナで書けば、こんな感じか。

「コヮアァァ?」

何故、語尾上げ?

ある朝など、他のカラスと、こんなふうに会話していた(たぶん)。

「カヮ」

「コヮアァァ?」

「カァ カァ」

「クルルル……ンヮアァァ?」

「カァア!」

「コヮアァァ!?」

発音が明瞭でなく、間延びした口調でかったるそうに語尾上げで喋る若者を、
せっかちで短気な年寄りがたしなめているような、そんなトコロかね。
「いざわ、いざわ。チンタラ喋ってんじゃないぞ」と。

あるいはカラスの世界にも、たまに他とは異なる発音の個体がいて、
コミュニケーションに苦労しているというだけかもしれないが。

|

« タメにする行為がダメにしてしまう危険性 | トップページ | 知識は増えこそすれ、減るもんじゃなし »