« 本文とは全く関係ないが車裂きという刑罰が昔のヨーロッパにはあったそうだ | トップページ | 事前には難しいけど変化に際しては対応できる能力 »

2009.06.29

自称逸般塵の不通の日記(95) 初蝉

20090629_p5280018s


例によって徹夜仕事の早朝、
自宅前の大きな木の上の方から、
「ジー~~ジョワー~~」と音が聞こえてきた。
たどたどしく鳴き始めた今年最初の蝉の声。

あの根元で最後の脱皮をしたものか。

発声練習をしているかのように音程は安定しない。
それでも限界に挑戦しているかのようなロングトーン。
1匹しかいないくせに、烏が縄張を主張する嗄れ声さえ
易々と圧するほどの強い存在感。

ベランダには、破れた網戸を張り直すまでの臨時で蚊取線香。
迫り来る盛夏の予感。

10分ほど鳴いて、蝉は黙り込んだ。
まだちょっと出番には早かったのかもしれないな。

|

« 本文とは全く関係ないが車裂きという刑罰が昔のヨーロッパにはあったそうだ | トップページ | 事前には難しいけど変化に際しては対応できる能力 »