« 自称逸般塵の不通の日記(89) ないトコロから始まる | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(90) 降れば土砂降りゲリラ豪雨、の仕事 »

2009/06/05

休符が入って至急開始できる準備が整わなかった件について

20090605_20090510365sqs


新たな携帯電話をいろいろと設定している中で、
ケータイバンキングのアプリを登録していたら、
いつの間にか給付金が入ってたコトに気付いた。

区では低額窮付金の処理を後回しにしていたように思える。
もともと年度の変わり目で事務作業量が多い時期だったし、
給付手続開始が5月になったのも、致し方ないものと思う。

かなり無茶な方法で可決させてまで年度内給付開始を
主張していた連中にとってみれば、成立させた以上は
彼らの手を離れたものなので気にならないかもしれないが、
結果として多くの国民には間に合っていない事実を認識し、
立法に携わる者としての責任を自覚してもらいたいトコロ。

ていうか税金集めて再配分するためのルールを決めるのが
議会の仕事じゃなかったのかと思うのだけれども、それを
全国民を対象に無条件で再配分するってのは、業務放棄?

まあそれでも貰うけどね。カネには困ってるんで。
でもこれが所得税や住民税の減税措置だったなら、
2~3カ月は早く還元されていたはずだなとも思う。

|

« 自称逸般塵の不通の日記(89) ないトコロから始まる | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(90) 降れば土砂降りゲリラ豪雨、の仕事 »