« 自称逸般塵の不通の日記(94) 呼ばわる声に応える思考 | トップページ | せめて人を愛せよ(汝自身を含めて) »

2009/06/23

なんとなく過去を振り返りたくなる年頃になってきた可能性

20090623_epsn6745_1s


今回で666件目の記事となる。ときたま休みつつ3年近く続いた
過去の書き込みを合計すればテキストだけで約1MBに達する。

質より量、量より質。いずれも常に正しいとは思わない。
量は質を変える。スケールが変われば主たる法則も変わる。
基本的に毎日更新で2年あまり続いているのだからもはや
何かを演じて出せる領域ではなくなりつつあるともいえる。
あるいは演じ続けていたとしてもそれが身に付いてしまい
すっかり性格の一部として定着してしまうほどであろう。

ときたま、何となしに過去の記事を読み返すコトがある。
テーマや方向性が少しずつ変化しているように見える部分も
あるけれど、そんな中にも変化しない部分があるように思える。

せいぜい自己や周囲や社会の事件を眺めつつ勝手に内省を
繰り返しているに過ぎないような気がするけれど、それでいい。
そういう卑小な存在でも書き残す価値がないワケじゃない。
だから今後も適当に書き続けていくのではないかと思う。

ところで最近、自分で自分をコントロールできていないケースが多いと気付いた。
いや、今までコントロールできていると思い込んでいたコト自体が、
何らかの誤解によるものだった可能性も高いのだけれども、それとは
少し違って、今までの方法では制御を外れる確率が高まったような、そんな気が。

かれこれ10年近く使ってきた自称年齢にも、今年で並ぶ。
当初から意図していた通り、今後も自称年齢を変えず使うつもり。

つまり逆鯖が、通常の鯖読みとなるだけであり、どちらにせよ
年齢を詐称している点は全く違わないのだが、これがまた、
気持ちの上では大きな違いになるかもしれない。

実年齢を上回る逆鯖状態では老成した考え方を重視する傾向があり、
鯖読み状態になればそれが逆転する可能性もある、という程度だが、
まあそんな気分だけでも、結構、ヒトって変わってしまうものだからね。

とりあえず、せっかく試してみようかって気になったのだから、
この機を捉えて、自分で自分の背中を押してみりゃいいんだよな。

|

« 自称逸般塵の不通の日記(94) 呼ばわる声に応える思考 | トップページ | せめて人を愛せよ(汝自身を含めて) »