« 自称逸般塵の不通の日記(103) 窓から吹き込む戻り梅雨 | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(105) 変化のベクトルは変わらない »

2009/07/26

自称逸般塵の不通の日記(104) 抜け殻を置いて飛び立つ

20090726_20090722544s


一夜明ければ、妙なほど爽やかに晴れ渡った朝。

低湿度は同じだが台風一過の快晴とは違う、雲。

いつの間にかミンミンゼミが鳴き始めている。

眠ー々々々ー……眠々々々々々々々ー々ー……

10日ばかり用事が続いてバタバタしていたから、眠い。

例によって生活費も乏しく、なかなか気力も出ない。

だけど、晴れてるウチに洗濯して干しておこう。

今日も夕方に用事がある。出るまでには乾くかな。

|

« 自称逸般塵の不通の日記(103) 窓から吹き込む戻り梅雨 | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(105) 変化のベクトルは変わらない »