« 役に立つか苦言かどうかは受け手次第(32) 胸の肉1ポンド、ただし血は流さず骨抜き“ツユだく”で | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(96) 独り暮らしの一人語り »

2009.07.03

理系用語で読み解く社会(52) ゆえに重要な、ミクロとマクロの結合シミュレーション

20090703_20090101092s


ヒトカタマリで把握していては、ヒト個体を見誤ってしまう危険が高い。

ヒトの寸法より少し大きな枠、だいたいメソスケールくらいでの理解は
ヒトにとって容易だけど、特定のスケールに頼って判断するのはリスキーだ。
誤解や判断ミスの原因になりかねない。
他のスケールでなければ見えない要素を、見落としてしまうから。

このブログでは、棚の下に自己や属する集団も置いてしまって、
「ヒトのやるコトだから」と一蹴してやってみたりする場面も多いけど、
それはある種の自己愛の一環だと思っている。

簡単に言えば、「同じヒトだけど違う人間だから一緒にしないでね」
という具合に思ってるのでありまして。

|

« 役に立つか苦言かどうかは受け手次第(32) 胸の肉1ポンド、ただし血は流さず骨抜き“ツユだく”で | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(96) 独り暮らしの一人語り »