« 理系用語で読み解く社会(52) ゆえに重要な、ミクロとマクロの結合シミュレーション | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(97) 何もしない日々 »

2009/07/04

自称逸般塵の不通の日記(96) 独り暮らしの一人語り

20090704_dscf3985_1s


ほぼ2週間ばかり仕事に追われていた。

仕事か買い出し、あるいは友達が食事に誘ってくれるなどの
予定がなければ外に出られないくらい、用事が詰まっていた。

一連の作業の山を片付けた直後。

先月分の請求書を出すため取引先へ向かう直前、入れ違いで
新しい仕事の依頼が入ってきた。2週間ほど先のハナシだが。

先のコトを考えるのが億劫になる瞬間。

ついでに住民税の延納を願い出るため区役所へ立ち寄った。
担当職員は相変わらず仏頂面だが、気にするのさえ面倒だ。

気を遣うにはアタマが働いてないとね。

帰りがけ、あまりの蒸し暑さに負けて久し振りにバーへ寄る。
たまには良かろう。マスターの得意のモヒートを、一杯だけ。

今日明日くらい、休むのだ。

お気に入りの作家の漫画を、駅前の本屋で買ってきてある。
多忙と貧乏のおかげで買いそびれてたうちの一部だけだが。

深夜の雨音が耳に心地良い。

漫画を読み終えたら、久々にシャワーでなく湯船に漬かって
同じく久し振りに布団の上で寝よう。あ、そういえば洗濯物。

明日の予報は曇り、ときどき雨。

|

« 理系用語で読み解く社会(52) ゆえに重要な、ミクロとマクロの結合シミュレーション | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(97) 何もしない日々 »