« バスに乗り遅れたのなら歩けばいいじゃない | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(107) 窓際に寝そべって »

2009/08/18

自称逸般塵の不通の日記(106) 残暑の頃

20090818_dscf4029_1tts


暑さに汗をかくのは自然なコトだけども、
あまり汗をかきすぎるのも良くないと思い、
熱いシャワーを浴びてみたりTシャツを着てみるコトにした。

冷たいシャワーを浴びる“裸族”でいるより、マシかもしれん。
汗をかかぬようにするコトばかり腐心していると、
その限度を超えたとき汗をかきすぎてしまうらしいので。

それから脂肪分の摂取量に注意している。
出歩かず身体を動かさないときには特に。
蓄積して、いずれ汗をかく原因になりかねない。

エアコン故障、扇風機もないまま過ごした一夏。
幸か不幸か猛暑が少なく、なんとか耐えてきた。
暑さも峠を過ぎ、もう一息で脱出できそうだ。

ていうか、適度に歩くのが一番なのだけれども、
その前に、出歩く気力をなくすくらいの貧乏生活を、
まず解消していく必要があるのかも。

|

« バスに乗り遅れたのなら歩けばいいじゃない | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(107) 窓際に寝そべって »