« 自称逸般塵の不通の日記(106) 残暑の頃 | トップページ | 顔を狩る心得 »

2009.08.19

自称逸般塵の不通の日記(107) 窓際に寝そべって

20090819_dscf4320_1s


窓際に寝そべって空を見上げてみれば無数の蜻蛉。
こんな大量にヤゴが育つ水場があるとは興味深い。

窓際に寝そべって空を見上げてみれば薄雲に満月。
これほど薄い雲だからこそ月の姿も見えるのだな。

先日の台風が連れてきたのは南方の蒸し暑さではなく、
むしろ前線の周辺に漂っていた涼しい秋の空気だった。

窓際に寝そべって微睡んでいて気付けばもう夕方。
ベランダで蛞蝓が落葉を食む幽かな音が聞こえる。

日当たりの良い南向きの2階のベランダは乾いているが、
ショリショリと音を立てて蛞蝓は葉を削ぎ食い続ける。

|

« 自称逸般塵の不通の日記(106) 残暑の頃 | トップページ | 顔を狩る心得 »