« 蝉は煽てずとも木に登る | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(108.5) 見えぬモノを存在させる苦労 »

2009/08/24

自称逸般塵の不通の日記(108) 夏の終わりの祭り

20090824_dscf4558_1s


カメラ仲間の誘いで米軍横田基地祭に行ってきた。

基地の最寄り駅など、普段は閑散としたものだが、
この日ばかりはホームから人が溢れるほどの混雑。
昨年とは違って好天に恵まれ……ていうか、暑い。

「横田基地まで徒歩約10分」と、駅員のアナウンス。
それを聞いた男が「タクシー乗ろうか」などと言い、
連れの女に叱られるなども、夏のイベントならでは。

タクシーで乗り付けられるような状況ではない。
基地ゲートはもちろん近くの道路まで人の列だ。
そして中に入れば露店ごとに行列が並んでいる。

在日米軍基地の中では地味な方だと思うのだけど、
それでも、基地祭というのは酷く混雑するものだ。
ま、たまにはこんなイベントに乗るのも悪くない。

残暑たけなわ炎天下のコンクリ舗装の上、
人混みの中を一日中歩き回って夕方まで。
たまには、こんな疲労感も悪くはないな。

|

« 蝉は煽てずとも木に登る | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(108.5) 見えぬモノを存在させる苦労 »